ほけんの窓口グループ リクルーティングサイト

ほけんの窓口グループ リクルーティングサイト

スタッフインタビューHUMAN

親子ほど年の離れた
お客さまから、
信頼してもらえる。
そんな仕事って、なかなかない。

2016年4月新卒入社
加藤KATO

PROFILE

大学ではチアリーディング部に所属。そのチームの中では、落ち込んでいる後輩がいたりすると放っておけず、声をかけてフォローするタイプでした。

お客さまの声を引き出すのに
奮闘した現場デビュー。

学生時代、飲食店で接客のアルバイトをしていました。その中でも得意だったのが、電話予約を受けた際に、要望を聴いて宴会のプランを提案すること。このとき、私はお客さまとじっくり向き合える接客が合っていると思いました。就職活動を迎えて考えたのは、色々な商品が扱えて、お客さまに提案できる仕事。できれば、その場限りでなく、人生に寄り添えるようなもの。当初は、保険業界に興味はありませんでしたが、CMでライフパートナーが相談を受けているシーンを見て、興味を持つように。「売上ナンバー1」等、数字を謳う企業が多い中、目先の利益ではなくお客さまに一番優しい会社という「最優」の企業理念を持つことにも強く共感し、この会社に決めました。入社後、研修を経て、店舗に配属。最初の頃は、失敗もしました。生命保険の提案をするときに健康状態のことを伺う必要があるのですが、信頼関係を築く前に伺ってしまい、「病院でもないのに」とお客さまの気分を害してしまったのです。お客さまの立場で振り返ると、いきなり健康状態のことを聞かれるのは嫌だなと。契約に必要なことばかり先に聞こうとして、お客さまの思いを聴けていなかった自分に気づきました。

入社1年目の私が、
ベストプランナー賞を
受賞するまで。

何度も相談を受けるうちに、「私がこの人だったらどうかな?」と相手の立場になることが大切だと気づきました。私は、相談が終わるたびに自分の中で振り返りをしています。そこで気づいたのが「お役に立てた」と思えるときは、お仕事の話等で盛り上がり、お客さまのことが分かった瞬間だったのです。それまでは、丁寧に接しようとしすぎて、お客さまと距離ができていました。そこから、お客さまの相談役として素の自分でいることを心掛けるように。そして、1年目の終わりを迎えた頃、印象的なお客さまと出会いました。その方は、過去に個人情報について嫌な思いをしたことがある方。それならば、あまり情報を教えたくないだろうと思い、必要最低限の情報だけ書類に記入いただきました。さらに、常に書類をバインダーで挟む等、小さなことですが大切に扱っていることをご理解いただくよう心がけました。すると、ご契約のときに「実は他の代理店とも比べていたけど、加藤さんが良いなと思ってここに決めました」と話してくださったんです。この接客が会社に評価されベストプランナー賞をいただくことができました。

3年目で先輩を教える、そんなチャンスからも育てられて。

新しい店舗で見えた、
お客さまとの接し方。

その後、現在の店舗へ異動。地域によってもお客さまが違うことを学びました。以前の店舗は、遠方にお住まいの独身のお客さまが多く、仕事やお買い物の合間に来店される方がほとんど。時間のないお客さまに合わせて、医療保険がご希望であれば医療保険を中心に提案していました。一方で、現在の店舗は地域密着型。ファミリー層が多いのも特徴です。以前よりゆっくり話ができることから、提案の仕方も変わってきました。今は、お客さまの背景を伺い、ご要望がなくても加入できる可能性のある保険をお伝えするように。たとえば自動車保険の契約に来店くださった60代のご夫婦。お話の中で、持病があると伺いました。持病があると入れる保険は限られています。それでも、もし、加入できるものがあれば安心につながると思い、提案。すると、とても喜ばれ、「これからも頼りにさせてください」とお言葉をいただきました。親子ほど年の離れたお客さまに、こうして信頼していただけたことは、自分にとって大きな喜びでした。

「最優」を胸に成長し、
背中で語れる先輩になりたい。

「最優」という理念に惹かれて入社した私が今感じているのは、その言葉の深さです。「最優」には、優しさと優秀さという意味が込められています。実際に働いてみると、優しさだけではダメだし、スキルや知識だけでも成り立たない。私には、まだスキルが足りない。だけど、そればかり求めてしまうと、初心を忘れてしまいます。マインドとスキルの両方をバランス良く身につけ、お客さまの立場に立って寄り添うことが今の私にとっての「最優」ではないかと思うようになりました。これからも経験を重ねて、身近な相談役としてお客さまの役に立っていきたい。いつか店長になることが今の目標です。正直、人の上に立つのは得意ではありませんが、一歩ずつキャリアアップをして、後輩を引っ張っていける存在になっていきたいと思います。

ENTRY
新卒・中途エントリーはこちらから