ほけんの窓口グループ リクルーティングサイト

ほけんの窓口グループ リクルーティングサイト

スタッフインタビューHUMAN

本当に「人の役に立てる」
って思えること。
私は、ここで、
見つけました。

2012年1月中途入社
三戸部MITOBE

PROFILE

子どものためにしっかりした仕事を、と考えて入社。今は、一人ひとりのお客さまとの出会いから、たくさんのものを学ぶ毎日を過ごしています。

金融とは遠い世界から、
勇気を出して飛び込んだ。

学校を卒業し、ホテルや店舗での接客を経験してきました。「ほけんの窓口」を知ったのは、知り合いに勧められたから。その時は、「保険の営業?ムリムリ。それってお客さまに無理矢理、保険を売るような仕事でしょう」と思ったのですが、よく話を聞くと、店舗でお客さま対応をする仕事とのこと。それなら勉強すれば私にもできるのかもしれないと考えて、この世界に飛び込むことにしました。けれど、入社式で難しい言葉が並び早速、衝撃が走りました。すぐに地元仙台に帰ろうかと思ったほど(笑)。でも、家族のことや紹介してくれた知人のことを思えば、それはできない。とにかく、やってみよう。失敗したらその時、考えてみればいいじゃないか、と研修に向かうバスに乗り込んだのです。

研修で気づいた。
「これが、
私のやりたいこと」。

研修は、大きな気づきの場になりました。そこは、言わば人としてのスタンスを学ぶ場。保険の重要性にも気づかされ、あらためてここに来てよかったと思いました。実は、私も知り合いに勧められ“なんとなく”保険に入っていたので、研修を受けて「そうだよね!保険ってこんなふうに選ぶべきなんだ。これは絶対に、お客さまの役に立てる」と、気持ちが高まりました。けれど、実際に店に立つと失敗ばかり。資料をきっちり用意してトークも準備。何もかも万全にしてご相談に臨むのですが、想定外の質問が出ると頭が真っ白に。そんなある日、ふらっと店を訪れたご夫婦に対して、なぜか自然体で接することができました。すると契約になり、次に子どもの保険の相談に乗ってほしい、と言っていただけて。これが私の初めての成功体験だったのです。

3年目で先輩を教える、そんなチャンスからも育てられて。

店長に任命されて、
みんなを信じることを学んだ。

結局、私は準備しすぎてシナリオ通りでないとうまくいかない、というスパイラルに入っていたのです。このご夫婦を機に、こちら目線のシナリオではなく、お客さまの思いに委ねて引き出す接客に変えられた頃、「店長を任せたい」という話が降ってきたのです。金融の世界に飛び込んだだけでも、挑戦だったのに店長になるなんて、と思いましたが、これもチャンス。運命に乗ってみることにしたのです。正直、最初の頃は、「店長らしくしなければ」と気負いすぎて空回りしていたと思います。けれど、半年もした頃、みんな能力があるのだから、もっとみんなを信じようと思うようになりました。そこから、業績もよくなっていきました。例えば、店名がわかりにくく店の場所を探しにくいので、会社に掛け合って名称を変えてもらったり。エントランスをお花で飾って印象を明るくしたり。スタッフみんなでアイデアを出しあって、店をつくる。そんな喜びを初めて知ったのが、この頃でした。

胸が熱くなるほどの、
信頼と責任。

店頭営業として経験を重ねていく中でも、お客さまと出会うたびに発見があります。初契約をいただいたご夫婦からはある日、「主人に何かあったら、頼れる人は三戸部さんだけ」と言われ、とても胸が熱くなりました。ある高齢女性からは、「医療保険とあわせて、亡くなった主人の義理の子どもたちに少額でもお金を残したい」と相談されました。高齢のその方には医療保険と生命保険の2つに入るのは負担が多いはずと考え、「どうしても必要な医療保険だけでは?」と提案すると、「今まで主人任せで一人で決断したことのない私が、人生で初めて決めたこと。だから、ちょっと無理をしても残したいのよ」と優しく返事が返ってきました。人には、人の数だけ考え方があるのだなぁ。そんな当たり前に気づかされて。何千何百と保険の種類があるように、お客さまの数だけそれぞれの生き方に似合う提案があるはず。そう思うたび、この仕事の奥の深さに気づかされる私です。

ENTRY
新卒・中途エントリーはこちらから