ほけんの窓口グループ リクルーティングサイト

ほけんの窓口グループ リクルーティングサイト

スタッフインタビューHUMAN

誰かの相談に乗る、
そんな日々に憧れて
今は、この仕事の深さに
惚れ込んでいます。

2014年4月新卒入社
遠藤ENDO

PROFILE

内定していた技術系の会社を辞退して、本当にやりたいことを探して就職活動をやり直し。
そこで出会った「ほけんの窓口」に直感的に惚れ込んで入社を決めました。

あなたのすべてを知りたい。
全力で守りたい!
熱すぎて、お客さまに
ひかれていた新人時代。

私は、学生時代から人の相談に乗ることが好き。話し終わった後でも、あのアドバイスで良かったのか?と考えてしまうほど、人を思うのが好きなんです。だから、お客さまの生き方を知って、その人の役に立てる「ほけんの窓口」に惚れ込んで入社を決めました。けれど、新人時代は「とにかくお客さまの役に立ちたい!」と力みすぎて、初めてのお客さまに、「あなたの全部を教えてください!僕が守ります!」と熱く迫ってひかれてしまったり(笑)。先輩たちの相談会が凄い、と思ったらすぐにその先輩の相談会を学びに行く。何事もとことんやってしまう、負けず嫌いで熱い性格。とにかく、お客さまの役に立てた!という実感が欲しくて、もがいている時に、お客さまから話を引き出すことの難しさに気づいたのです。初対面の人に、抱えている不安や生き方を話すって、確かに簡単じゃない。そこでやっと、人に心を開いてもらうって難しいんだな、と感じたんです。

保険の価値を
わかっていただきたい。
売るためではなく、
守るために。

もう一つ気がついたのが、保険を提案することの重さ。たとえば、ご主人さまが保険に加入していない状態で突然亡くなったら、ご家族は明日からの生活が厳しくなる。私たちがしっかりとご要望を引き出して、プランの魅力を伝えられないと、ご家庭さえ救うことができない。だから、とても責任が大きい。けれど、自分にはまだ実力が足りない。そう考えることができたとき「私は、私の思いだけを一方的に伝えてきたんじゃないか?お客さまの本当の気持ちに耳を傾けているのか?」と気づくことができた。お客さまの表情や仕草にまで目を向けるようにもっと意識をしてみたら、お客さまの本当の気持ちに近づけて、“役に立てたな”と思う瞬間が増えてきたのです。その頃からでしょうか、成績の面でも、周囲から注目される存在になってきたのです。

3年目で先輩を教える、そんなチャンスからも育てられて。

3年目で先輩を教える、
そんなチャンスからも
育てられて。

すると、会社から大きなチャンスが舞い込んできたのです。ある店舗に異動して、教育担当をしてもらいたい、というのです。そこは都市型で知識レベルの高いお客さまが多く“難しい”と言われる市場。では、まず自分でその壁を破ってみせようと、店頭でお客さまと対話してみると、確かに「この保険のここだけ教えて」と具体的な質問で話を広げにくい。初めはお客さまのペースに飲まれてしまい提案の幅も広がりませんでしたが、少しずつ、お客さまの関心に近い商品を紹介しながら、その方の「本当の思い」が聞けるように。お客さまも「この人は自分の役に立つ人なのかもしれない」と思ってくれたのでしょう。少しずつ成果が上がりだした頃から、スタッフから「相談会について教えて」と声をかけられるように。そして、研修や個別の指導を行うようになったのです。教えた中には先輩社員もいらっしゃいました。私がアドバイスしたことで、その方もみるみる輝きだして。そんな姿を見ているうちに、教育担当にとどまらず店長をやってみたいと思うようになりました。

4年目で店長。店を動かし、
人をつくる、面白さに気づいて。

そして、4年目で店長へ。着任から半年で、私なりに変えてきたことはいくつかあります。たとえば、この店舗は、お客さまにご成約いただける割合が高くはありませんでした。要因は、お客さまが二つの商品で悩んでいる際に、お客さまを商品選びの迷路に入りこませていたこと。そこで、スタッフに、お客さま任せにせずその方の立場になってメリットやデメリットをお伝えするように、と話をし対話の仕方もアドバイス。その結果、店舗業績も上がってきました。そんな私がこれから目指すのは、まずはこの店から次の店長を輩出すること。そして、将来的には新たな業態との提携等にも関わってみたい。当社の強みは、その人に合ったサービスや商品を提案できること。この環境のもと、新しい様々なサービスと人をつないでいく。そんな仕事も経験してみたいと考えています。

ENTRY
新卒・中途エントリーはこちらから